クレジットカード 還元率 ポイント

ポイント高還元のあるクレジットカード

更新日:2015/09/02

ポイント高還元のあるクレジットカード


クレジットカード還元率専業主婦のクレジットカードで交換できる商品って、どんなものがあるとお得なんですかね。とくにポイントが高還元だと嬉しいですよね。というのは、そろそろ、その専業主婦になりたいなと思っておりまして、ちょいと、シミュレーションをしてみようかなと思うのです。

まず、主に使う場所としては、スーパーが多いんですかね、やっぱり。そうすると、スーパーマーケット系のカードが便利かしら。スーパーで買い物をすると、ポイントが付いて、たまったポイントに応じて、スーパーの商品に交換できる。って、なんか、つまんないですね。もっと、こう、購買意欲がぐっと上がるような、仕組みがないかしら。クレジットカードを使うと何か高還元のポイントが付くような仕組み。ポイントに応じて、自動的に、宝くじが購入されるとか。スーパーで買い物をしていたら、ある日、3億円がころがりこんでくるって、素敵じゃないですか、ある意味高還元!

あと、使うところは、デパートかな。お中元やお歳暮で買い物しそう。デパートで買い物した時の特典は、ジャニーズのコンサートチケットなんかどうかな。もんのすごいポイント数が要りそうだけど、そのポイント数があれば、必ずチケットが手に入るなら、そのクレジット会社の会員数は、天文学的に増えると思います。ここで大事なのは、韓流スターじゃなくて、ジャニーズだっていうこと。ジャニーズ好きな奥さま族は、多いはず。あ、コンサートじゃなくても、テレビの視聴者観覧の権利でもいいかも。ああいうの、結構、年齢制限が厳しいから、奥さま族は、行きたくても行けなかったりするんですよね。そこを、年齢制限とかを特別にはずしてもらう。いいと思うな、これ。



マスターカードを保有するメリット

クレジットカードとキャッシングカードの両方の機能を持つアコムマスターカードは、限度額に対する正しい知識を持つことで賢く利用することができます。特にクレジットカードの限度額とキャッシングの限度額が異なる場合は、それぞれの限度額を把握することでどのように利用するかが決まってきますので、実際に利用する際にはそれぞれの残りの限度額と今後どのように返済していくかを考えておくことが、アコムマスターカードとの正しい付き合い方になります。

例えばクレジットカードの限度額が10万円で、キャッシングの限度額が5万円で、総限度額が10万円だったとした場合、クレジットカードを限度額のうち8万円まで使ってしまいますと、たとえキャッシングとして一円の融資も受けていなかったとしても、ATMで借りることができる金額は2万円になります。つまり、どちらか一方を先に多めに使ってしまいますと、もう一方のサービスの使える限度額が減ってしまうので、キャッシングとクレジットのバランスが大事になるのです。

クレジットカードはとても便利な代物ですが、使いすぎた結果、いざという時にキャッシングが使えないという事態にならないためにも、常にキャッシングの限度額を意識した使い方を心がける必要があります。いざという時のために5万円ほどキャッシングとして使える余地を残すべきと考えましたら、クレジットカードの利用の際には常に5万円の余地を残して使用する、ということです。キャッシングの限度額を多めに残すことで急な出費にいつでも対応することができるからです。

アコムは歴史も長く柔軟性のある会社です

アコムは消費者金融の中でも最大手で歴史も長いです。まず創業は昭和初期に始まり、当時は呉服屋からのスタートでした。その後質屋等の金融業を営み、昭和40年代にはサラリーマン金融の事業を始めました。さらに昭和53年にはアコム株式会社として設立しました。このような歴史を通じて、アコムは成長してきました。また他社よりも新しい事にチャレンジする風土もあります。その最たる例が無人契約機を最初に取り組んだ事です。しかも無人契約機により注目が集まり自社の業績が向上しただけでなく、消費者金融全体の活性化にも大きく貢献しました。同時に堅実な経営方針を遵守していますので、浮き沈みが激しい消費者金融業界でも極めて安定した状態を維持しています。

時代に応じてマスターカードと提携し、アコムマスターカードを作って来たことも大きくなった理由の一つでしょう。もちろん長い歴史の中で、全てが順調だった訳ではないです。特に平成になり過払い金等の問題が起こりましたので、他の消費者金融会社と同じく大きな損出を受ける事になりました。しかしそのような状況でも、アコムは持ち前の柔軟な発想力で経営改善に着手しました。その一つが大手都銀との提携です。この事で資金的には大きなバックアップを受ける事ができますし、販売の際にも大手都銀の信用力を加える事ができます。また消費者金融としてのノウハウを大手都銀に伝える事も可能になります。その為に一部の同業他社が経営困難になる中でも、依然最大手としての位置を堅持しています。また法改正の流れをいち早く察知し、上限金利の引き下げを最初に行う判断も行っています